アルデが急反騰、第1四半期純利益大幅増益を好感

 アルデプロ<8925.T>が急反騰している。前週末14日発表した第1四半期(8~10月)決算で、売上高6億円(前年同期比4.2倍)、営業損益4600万円の赤字(前年同期1000万円の赤字)、純利益1億7200万円(前年同期比43.0倍)と最終損益が大きく膨らんだことが要因。不動産物件の販売に注力したほか、前期末に簿価を切り下げたことも寄与。また、保有不動産の売却に関しては金融債権者と交渉し、売却代金から支払いきれない借入金の残代金について債務免除を受けたことで、2億2700万円の債務免除益を計上したことなどから、純利益が増加した。

アルデの株価は11時11分現在128円(△26円)。