◎17日前場の主要ヘッドライン

・野田スクリーンがストップ高、MBO実施でTOB価格にサヤ寄せの動き
・スターフライヤーが大幅高、ANAの筆頭株主を好感
・古河電池がストップ高、大容量の空気電池開発を蒸し返す
・セントラル総が大幅高、13年3月期末で5期ぶりに年2円復配実施を好感
・高島屋が上値追い基調、ベトナム商業施設出資が刺激材料に
・アルデが急反騰、第1四半期純利益大幅増益を好感
・三井住友FGは堅調、ドイツ証が目標株価を3580円に引き上げ
・岡三証券グループが新高値、準大手証券株は軒並み高
・エニグモが大幅反落、第3四半期好決算も材料出尽くし感
・ソフトウェアが大幅高、13年10月期33%最終増益予想を好感