JVCKWが反発、東特線の医用画像表示機器事業など買収

 JVCケンウッド<6632.T>が反発。前週末14日の引け後に、東京特殊電線<5807.T>より、医用画像表示機器や、カーエレクトロニクス関係EMSなどの情報機器事業を買収することで基本合意したと発表したことを材料視。買収金額や日程などの詳細は現時点で未発表だが、BtoB事業強化のためには有効との見方が強い。なお、これを受けてバークレイズ証券が投資判断「オーバーウエート」、目標株価400円を継続している。

JVCKWの株価は13時38分現在305円(△9円)。