外為:88円60銭前後への豪ドル高・円安で推移

 17日の東京外国為替市場の円相場は午後1時30分時点で、1豪ドル=88円60~64銭前後と前週末午後5時時点に比べ31銭の豪ドル高・円安で推移。朝方に一時、89円01銭をつけた後、利益確定も入り午前11時過ぎに88円40銭台へ下落幅は縮小した。ただ、その後は再度、88円60銭台へ戻している。