泉州電業が続伸、復興に絡む建設向けの電線需要に期待

 泉州電業<9824.T>が続伸、12月12日の決算発表以降、上昇基調が続いている。前10月期は減益を余儀なくされたが、今期は連結営業利益で前期比9.0%増の24億円と増益転換を見込んでいることから、業績面での見直し買いが継続している。先の決算発表時に宮石 忍専務は「期後半より復興に絡む建設向けの電線需要が本格化してくる」と語っているが、自民圧勝で国土強靭化計画が遂行されてくれば、その可能性が高まりそうだ。

泉州電業の株価は14時50分現在938円(△4円)。