メッセージが4日続落、「費用増や売り上げ未達は一過性でない」との見方も

 メッセージ<2400.OS>が4日続落。13日に大阪証券取引所が監理銘柄指定を解除したが、直近で大和証券がレーティングを「2」から「3」に引き下げ、目標株価を20万6800円に設定している。子会社のジャパンケアサービスグループが過去に提出した有価証券報告書などで、不適切とみられる会計処理があることが判明したことで、監理銘柄に指定されていた。大和では事業モデルが完全には確立されたとは言えず、費用増や売り上げ未達は一過性の事象ではなく、中長期的に利益水準を押し下げる要因になるとしている。

メッセージの株価は14時33分現在20万8400円(▼1万1100円)。