今夜は「財政の崖」協議に注目・・・・

ドル円は押し目買い・・・・
 ドル円は、衆院選での自公2/3超の議席獲得により、早朝に84円台半ばまで急騰しました。

 しかし、これまでの年初来高値である84.10円台では個人投資家の利食い売り意欲が強く、東京時間に入ってからは、このレベルが重くなっています。この為、83円台後半での押し目買い狙いが有効と見ています。

 週末に米国では、共和党のベイナー下院議長から、「年収100万ドル以上の富裕層への条件付き増税容認」発言が飛び出しており、この提案に対して、オバマ政権、民主党側がどの様な姿勢を見せるかが今夜のポイントです。

 米国で「財政の崖」協議に進展が見られる場合には、「リスク選好」の流れが強まる為、ドル円は再び、高値を目指す動きに戻る可能性があります。但し、余程の事が無い限り、今日の処は、朝方付けた84.50円手前を上抜けるのは難しいと思われます。