12月18日(火)AM6時時点■[前営業日の金融市場の終値]と[為替相場の現在の相場観や今日の戦略等] by 羊飼い

■前営業日の金融市場の終値[NYクローズ時点]
・NYダウ→13235.39 +100.38
・ナス→3010.60 +39.27
・英FT100→5912.15 -9.61
・独DAX→7604.94 +8.47
・CME.N225→9895.00 +110.00
・金→1698.20 +1.20
・原油→87.20 +0.47

・ドル/円→83.9↑
・ユーロ/ドル→1.316→
・ポンド/ドル→1.620↑
・ドル/スイス→0.918→

・ユーロ/円→110.4↑
・ポンド/円→135.9↑
・スイス/円→91.4↑

・カナダ/円→85.2↑
・豪ドル/円→88.5↑
・NZドル/円→70.8↑

・ユーロ/ポンド→0.812↓
・ユーロ/スイス→1.208→
・ポンド/スイス→1.487↑

・豪ドル/ドル→1.055→
・豪ドル/NZドル→1.249→

・ユーロ/豪ドル→1.247→
・豪ドル/スイス→0.968→
※↓↑→は前営業日と比べての方向

■前営業日の傾向[ユーロドル及びドル円が主体]
ドル円は、大幅上昇で窓空けオープン後、調整で戻されるも底堅い
・衆議院選での自民党圧勝を受けて、大幅上昇で窓空けオープン
・しかし、その後は利益確定やポジション調整での売りが優勢で軟調に
・欧州や米国市場では、利食い売りが優勢となって下押しも、底堅い
・米国の株式市場が大幅上昇で、リスク選好ヨリ
・米国の長期金利が上昇し、ドル円をサポート

ユーロドルは、方向感なく、調整が主体の揉み合い
・始終動意がなく、揉み合いで横這い
■□■本日のトレード用のエサ■□■(※毎日更新)
・08時00分:豪)景気先行指数
→発表での影響はなかなか

・09時30分:豪)RBA議事録公表(12月4日開催分)
→今後の金融政策への思惑次第

・18時30分:英)消費者物価指数&【コア】
・18時30分:英)小売物価指数&【コア】
→発表での影響はカナリ大きい。CPIがメイン

・22時30分:米)第3四半期経常収支
→本日の米国の経済指標はこれぐらい。経済指標うんぬんよりも、先週大きく動いた為替相場の流れが継続するかどうかが重要

・翌6時45分:NZ)第3四半期経常収支
→発表での影響はカナリ大きい

■□■羊飼いの現在の相場観や今日の戦略等■□■
前営業日の為替相場は、
ドル円が大幅上昇で窓空けオープン後は調整が主体
ユーロドルはほとんど動かず揉み合い

昨日のユーロドルの動きを見るとほとんど動意なし
既にクリスマス・年末絡みで動かなくなってしまったのかもしれない

ここは、もう1日様子を見たい

∀今日のスイング用戦略
・ユーロドル→なし
・ドル円→ロングヨリ
・ユーロ円→なし
・豪ドル円→なし
・豪ドルドル→なし

∀今日のデイ&スキャル用戦略(※毎日更新)
・ユーロドル→動意待ち
・ドル円→動意待ち
・ユーロ円→動意待ち
・豪ドル円→動意待ち
・豪ドルドル→なし