◆17日のNY株式市場の概況

 17日のNY株式市場は、NYダウが前週末比100.38ドル高の1万3235.39ドルと4日ぶりに反発した。「財政の崖」回避に向けたオバマ米大統領とベイナー下院議長との協議で進展があり、数日のうちに合意に達するとの期待が高まったことから、金融関連などを中心に買いが入り大幅高。S&P500も10セクター全てが上昇して3日ぶりに反発し、1日としては11月23日以来の大幅な上昇率となった。ナスダック指数はアップルなど主力株の一角が買われ39.27ポイント高の3010.60で取引を終えた。