出光が反発、豪州の燃料油販社の買収が株価刺激

 出光興産<5019.T>が急反発。同社は17日、豪州の独立系燃料油販売会社、フリーダムエナジーホールディングス(クイーンズランド州)を買収したと発表し、これが材料視されている。同国東部を地盤に軽油・ガソリン販売するフリーダム社の買収で、石炭鉱山開発の重機向けなどに拡大している豪州の軽油需要を取り込む構えだ。出光は2010年には米国法人から米西海岸地域の卸販売事業も買収している。今回の買収でジェット燃料などを含むグループの中核油種販売量の海外比率は18%まで上昇する見通しだ。

出光の株価は9時30分現在7120円(△110円)。