旭化成が反発、有利子負債圧縮で収益改善に期待

 旭化成<3407.T>が反発。18日付日本経済新聞が「今3月末の有利子負債を3700億円程度と9月末より約400億円減らす」と報じたことで、財務内容改善による収益向上が期待された。今年4月に米救急救命医療機器メーカーのゾール・メディカル社を約22億ドルで買収しており、借り入れが膨らんでいた。アクリロニトリル(AN)の価格の上昇で主力の化学事業の採算も改善しており、当面の業績も上ブレが期待されている。

旭化成の株価は9時33分現在488円(△6円)。