三菱ケミカルHDが小幅続伸、三菱レイヨンが韓国SKケミカルと炭素繊維で提携

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>が小幅続伸、着実に下値を切り上げている。17日にグループの三菱レイヨンが韓国のSKケミカルと炭素繊維分野で戦略的事業提携したと発表したことで、提携事業拡大による連結業績への貢献が期待された。産業分野向けプリプレグの共同開発、生産を進める方針で、三菱レイヨンはSK社へ炭素繊維を供給、SK社は韓国蔚山と中国青島に生産設備を持ち、まず蔚山工場で風力発電翼用の厚目付プリプレグを量産する。炭素繊維の世界需要は今年度で年間約4万トンへの拡大、今後も産業用途を中心に年率15%前後の成長が見込めるという。

三菱ケミHDの株価は9時54分現在387円(△1円)。