明電舎がしっかり、ミャンマー電力インフラ市場に参入

 明電舎<6508.T>がしっかり。17日に「ミャンマー変圧器製造大手AGE(ヤンゴン市)への資本参加を検討する」と発表したことで、新興国マーケット開拓による業績拡大が期待された。変電・配電事業の東南アジア戦略として、ローカルネットワークの構築を進めており、ミャンマーでは低コストで品質の高い変圧器を供給、現地の電力インフラの整備ニーズに対応する。来年3月にも出資契約を結び、変圧器用電磁鋼板と厚板鋼板を供給するメタルワンを交え具体的内容を詰める予定。ミャンマーの電力インフラ市場参入は初めてとなる。
 
明電舎の株価は11時30分現在278円(△2円)。