郵船ロジが反発、バークレイズが投資判断を新規「オーバーウエート」に

 郵船ロジスティクス<9370.T>が反発。この日は17日付でバークレイズ証券が投資判断を新規に「オーバーウエート」とし、目標株価1000円としたことが観測されている。航空貨物事業は、基本的にノンアセット型の事業モデルであり、PERによるバリュエーションが適していると指摘。11年3月期以降のPERは平均12~13倍で、現在は14年3月期ベースで10倍であり、また、今後は荷動き底打ちを織り込みに行く局面が近づいているとみて、平均レンジまでのバリュエーション形成が進むと見込んでいる。

郵船ロジの株価は12時30分現在780円(△10円)。