トヨタが年初来高値更新、円安傾向を好感

 トヨタ自動車<7203.T>がジリ高傾向を強め、一時前日比115円高の3735円まで買い進まれ、11月26日に付けた3660円を上回り、年初来高値を更新した。
 このところ、対ドル、対ユーロで円が下落傾向を強めていることが追い風となっている。同社は、前提となる想定為替レートを中間決算発表時点に、1ドル=80円から79円へ、1ユーロ=101円から100円へ円高方向へ見直した。同社の場合、1円の円安への為替変動の影響が約400億円(ドル=340億円、ユーロ=60億円)の営業増益要因となる。13年3月期の営業利益を1兆5000億円(前期比約3倍)と見込んでいるが、上方修正の可能性が高まっている。

トヨタの株価は、13時31分現在3720円(△100円)