「財政の崖」進展で円安余地・・・・

米国はリスク志向強まる・・・
 オバマ米大統領が富裕層の増税に関して、これまで年収25万ドル以上としていたものを同40万ドル以上までの妥協案を示しました。今の処、共和党側の同100万ドル以上とは隔たりがあるのですが、年末が近づいている事から、共和党側からも更なる歩み寄りが見られるのか注目されます。

 昨日は、協議進展を好感して、米国株は大幅高となり、米国債利回りも急伸しましたが、今日、更に楽観的な見方が強まれば、この「リスク志向」が維持され、ドル円にも上昇余地が広がります。