18日のNY株式市場の概況 財政の崖問題の与野党協議前進で大幅続伸

18日のNY株式市場は、NYダウが1万3350.96ドルの115.57ドル高と大幅続伸し、ナスダック指数も3054.53ポイントの43.93ポイント高と続伸した。この日は、大幅減税の失効と歳出の強制削減が同時に起きる「財政の崖」問題で与野党が合意に向けて譲歩する姿勢を示したことから、問題解決が近づいているとの見方が強まり、景気敏感株や金融株を中心に買いが先行して、終日堅調な展開だった。NYダウは2日連続で上げ幅が100ドルを超えて、10月18日以来の高値で取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も商いを伴いながら買いが先行する堅調展開で、こちらも10月18日以来の高値で取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)