三菱重が続伸、ロシアでの化学プラント受注を好感

 三菱重工業<7011.T>が続伸。同社は18日、ロシアで塗料などの原料となるアクリル酸を製造する化学プラントの建設を受注したと発表したことが好感された。双日、現地の建設会社との共同受注で、受注額は300億円程度とみられると報じられている。アクリル酸の製造能力は8万トン/年で2015年末にも建設する。今年3月19日の年初来高値411円を視界にとらえている。

三菱重工の株価は9時48分現在408円(△11円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)