セプテーニが4日ぶり反落、12年10~12月期43.6%経常減益見通しを嫌気

 セプテーニ・ホールディングス<4293.OS>が4日ぶりに反落。18日引け後に未公表だった12年10~12月期連結業績見通しを発表。売上高は107億円(前年同期比10.2%増)、経常利益は2億3000万円(同43.6%減)、純利益は1億2000万円(同6.6%減)と大幅減益見通しにしたことから、嫌気した売りに押されている。主力のネットマーケティング事業は堅調に推移しているが、メディアコンテンツ事業でソーシャルゲームを4タイトル発売したものの、11月下旬以降の提供開始で売り上げに寄与するのは第2四半期以降になる見通し。このためゲーム開発費用が先行して、経常減益となる見込み。また、ソーシャルゲームは第2四半期にも4タイトルを発売する予定。

セプテーニの株価は10時00分現在6万2800円(▼7200円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)