東急建が大幅高、10兆円規模の大型補正予算で耐震化工事増に期待

 東急建設<1720.T>が続伸し大幅高。株価は前日比48円高の235円まで買われ、2月7日につけた235円の年初来高値にツラ合わせとなっている。現在、東証値上がり率のトップ。自民・公明の次期連立政権が公共事業拡大を柱とした10兆円規模の大型補正予算の編成で合意。防災・減災工事が軸になることから、学校や鉄道関連で耐震化工事に注力している同社に思惑買いが集まっている。株価が低位で手掛けやすいことから、目先の値上がり効率を狙った向きの買いも流入している。

東急建の株価は10時29分現在219円(△32円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)