新生銀行が小幅続伸、カード不正出金も株価への影響は限定的

 新生銀行<8303.T>は小幅ながら続伸。18日に自由が丘出張所と上野支店において、同行ATM利用の顧客のキャッシュカード番号や暗証番号などの情報が、スキミング機器などの設置により不正に取得され、偽造されたキャッシュカードによって顧客の口座から海外ATMを通じて不正に出金される事態が発生したことを発表した。キャッシュカードの情報を不正に取得された可能性のある71人についてはカードの再発行を案内、被害額を全額補償する方針。大きな波乱になっていないことから、全般相場で金融株が物色されるなかで、株価への影響は限定的なもようだ。

新生銀行の株価は10時43分現在147円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)