みずほ、三井住友が新値更新 安倍、白川会談で思惑

 みずほフィナンシャルグループ<8411.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>のメガバンク株が連日の賑わい。みずほと三井住友は年初来高値を更新した。前日の自民党安倍総裁と日銀の白川総裁の会談で、安倍総裁が2%の物価上昇率目標の設定について要請したことで、金融緩和期待が一段と強まっている。メガバンク各行は金利低下効果を受けた保有債券の評価益拡大に加え、株高効果による保有証券の含み益拡大も見込まれる。また、金融緩和に伴う円安誘導が内需のデフレ脱却に貢献するとの見方から、内需回復の恩恵を受けやすい銀行株に出遅れ修正の買いが増勢となっている。

みずほの株価は10時51分現在145円(△4円)。
三菱UFJの株価は10時51分現在431円(△21円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)