大手不動産株が連日の年初来高値更新、引き続き日銀の追加金融緩和に期待

 三井不動産<8801.T>や三菱地所<8802>T>、住友不動産<8830.T>の大手不動産株が連日で年初来高値を更新している。昨日の自民党安倍総裁と日銀の白川総裁の会談を受けて、きょうから開催される日銀の金融政策決定会合では追加の金融緩和観測が強まっており、金融緩和の恩恵が大きい大手不動産株は買われやすい状況になっている。ただ、明日の決定内容を見極めたいとの動きもあり、三井不、住友不の株価は年初来高値更新後はやや伸び悩んでいる。

三井不の株価は11時22分現在1934円(△9円)。
三菱地所の株価は11時22分現在1800円(△35円)。
住友不の株価は11時22分現在2535円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)