東鉄工が連日の年初来高値を更新、鉄道耐震化手掛かりに人気続く

東鉄工業<1835.T>が5日続伸。株価は前日比90円高の1249円まで買われ、連日で年初来高値を更新している。自民党が政権公約に掲げた国土強靭化計画では鉄道の耐震化も指摘されている。同社は鉄道や駅舎などJR東日本関連の工事が主力で、JR東が鉄道設備の耐震化で向こう5年間に3000億円を投じる計画にあり、この計画が新政権によって促進されるのではないかとの見方から、同社の受注拡大期待が高まっているようだ。

東鉄工の株価は13時10分現在1240円(△81円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)