日本和装が急落、今12年12月期業績見通しを減額修正で

 日本和装ホールディングス<2499.T>が急落。朝方に今12年12月期業績予想の下方修正を発表しており、従来予想の売上高62億円、経常損益3億3000万円の黒字から、売上高54億7000万円(前期比16.3%減)、経常損益2億8000万円の赤字に減額したことを嫌気している。イメージキャラクターに有名タレントを起用することをやめるなどの広告戦略の見直しを図ったが、潜在顧客からの認知を得るまでにはいたらず新規受講希望者数が前期比3割減となったことことなどが要因。また、業績の悪化を受けて期末に予定していた1000円の配当を無配とし、年間配当を中間期に行った東証上場記念配の500円のみ(従来予想1500円、前期1500円)としたこともネガティブ材料視している。

日本和装の株価は13時37分現在2万8200円(▼2400円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)