PS三菱は軟調、東証が19日売買分から委託保証金率を引き上げ

 ピーエス三菱<1871.T>がほぼ全面高相場の中で軟調展開。一時、前日比24円安の556円まで売り込まれている。東証が19日売買分から委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に。日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分についての貸借担保金率を現行30%から50%(同20%)に引き上げると発表したことを嫌気している。

PS三菱の株価は、14時04分現在570円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)