タツタ線が高寄り後緩む、上値のフシ目前に利益確定売り

 タツタ電線<5809.T>が高寄り後緩んでいる。スマートフォン、タブレット端末向け電磁波シールドフィルムの需要拡大による業績の上ブレ期待と好需給を手掛かりに人気を集めているが、直近安値からの上昇率が18%に迫り、先月5日につけた年初来高値850円が上値のフシ目と見られていたことから利益確定売りに押されている。ただ、電磁波シールドフィルムは世界シェア7~8割を占め、今後も収益を押し上げていくと予想され、18日申し込み現在で5銭の逆日歩がつくなど需給の崩れもなく、下値は限られた。

タツタ線の株価は15時現在814円(▼4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)