横河電が反発、13年3月期業績の上ブレを期待

 横河電機<6841.T>が反発。株価は920円近辺にある上値のフシを払いつつあり、新波動入りから4ケタ指向にある。同社はプラント向けの制御システムが主力。強みを持つLNGなどエネルギー関連プラントが新興国や資源国の需要拡大で好調なほか、北米でも化学プラント向けに受注が好調だ。また、不採算の半導体検査装置からの撤退も収益に寄与し、13年3月期の連結経常利益は前期比21%増の170億円見通しだが、足もとの円安も加わり、この数値は上ブレする可能性が高まっているようだ。

横河電の株価(大引け)は928円(△13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)