日産自が反落、野村が投資判断を引き下げ

 日産自動車<7201.T>が反落し、セクター内でも下げがきつい。野村証券が19日付で投資判断を「バイ」から「ニュートラル」とし、目標株価を880円から810円に引き下げたことが観測されている。足もとでは日本や米国、欧州で販売台数が野村想定を下回り、日本や欧州ではインセンティブなど販売費用も想定以上に増加している模様で、足もとの円安を考慮しても13年3月期の業績が会社計画に届かない公算が大きくなったとしている。

日産自の株価は09時58分現在803円(▼41円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)