<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に東電

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の20日午前10時現在で、東京電力<9501.T>が「買い予想数上昇」で1位となっている。
 東電は、朝安後は下げ渋りもみ合い商状となっている。全般相場が軟調に推移するなか、同社株も前日の弱い流れが継続し、売り先行となった。ただ、売り一巡後は、短期的な戻りを狙った買いが入ったとみられ、プラスに転じる場面もみられる。
 20日付の毎日新聞が「国の支援次第で再建計画が来夏以降にずれ込む」と報じたことが嫌気され、朝方は売りが先行したかたちだが、新政権による原発再稼働への思惑が根強く、買い戻しに一時プラスに浮上する場面もあった。信用売り残高は増加傾向にあり、直近の東証信用倍率は1.74倍となっている。年末接近により、需給主導で株価が動くケースが多くなることから、商いがこなせる銘柄として、売り方、買い方ともに関心を強める可能性が強い。

東電の株価は、11時07分現在226円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)