オリックスが7営業日続伸、後払い決済サービス参入を材料視

 オリックス<8591.T>は小幅ながら7営業日続伸。あおぞら銀行株式の売却益計上や貸倒費用の縮小による業績上ブレ期待を手掛かりに下値を切り上げてきたが、きょうは20日付日本経済新聞が「オリンパスの子会社から事業買収し、後払い決済サービスに参入する」と報じたことが材料視された。後払い決済は購入者が商品を受け取った後にコンビニなどで代金を支払うサービスで、取扱金額は前年比50%増と大きく伸びており、業績への貢献が期待された。14日現在の信用倍率は0.98倍、日証金は19日申し込み現在で50銭の逆日歩がつくなど、好需給も株価を支えている。

オリックスの株価は13時01分現在9290円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)