三井不が後場一段高、次回会合への思惑残す

 三井不動産<8801.T>が後場一段高し連日の年初来高値。日銀の金融政策決定会合で資産買入等基金の10兆円増額を決め、地合いがやや改善していることがプラスに働いている。今回は長短国債の増額のためREITなどの買い入れ増額は見送られたが、次回会合への思惑も残っているもよう。三菱地所<8802.T>、平和不動産<8803.T>なども同様の動きとなっている。

三井不の株価は13時26分現在1986円(△22円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)