メガバンクが高い、脱デフレ期待で新高値更新

 みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が2011年3月以来の150円台を回復したほか、三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>も買いが先行、いずれも年初来高値を更新している。ここ金融緩和期待が高まる中で金融相場の色彩が徐々に強まっており、そのシンボルストックとしてメガバンク株への買いが本格化してきた。日銀は前日の金融政策決定「中長期的な物価安定のめど」について検討を行うことを表明しており、デフレ脱却期待が高まったとの見方から、人気に一段と厚みが加わっている状況だ。

みずほの株価は9時37分現在150円(△3円)。
三菱UFJの株価は9時37分現在448円(△8円)。
三井住友の株価は9時37分現在3085円(△50円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)