平和堂が小幅に続落、13年2月期業績予想を下方修正で

 平和堂<8276.T>が小幅に続落。この日の取引終了後、今13年2月期連結業績予想を従来予想の売上高4060億円、営業利益129億円、純利益56億円から、それぞれ3920億円(前期比0.6%増)、120億円(同0.1%増)、47億円(同2.0%増)に下方修正したことをネガティブ視する向きが強い。9月に発生した中国における反日デモの影響で、営業機会損失8億4000万円や固定資産の損失4億9000万円が発生したことが要因としている。ただ、これについては株価に相当織り込まれたとの見方も強く、安寄り後は下値に買いも入っている。
 なお、第3四半期累計(2月21~11月20日)業績は売上高2882億6100万円(前年同期比1.1%増)、営業利益76億4400万円(同5.5%増)、純利益33億9900万円(同10.5%増)となった。「平和堂」で創業55周年の記念セールなどを実施したことなどが増収増益に寄与した。

平和堂の株価は09時33分現在1196円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)