サンケン電気が反発、三菱UFJMSが目標株価引き上げ

 サンケン電気<6707.T>が反発。20日付けで三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」継続ながら、目標株価を236円から330円に引き上げた。テレビ関連事業の下ブレリスクの減退やエアコン用デバイスの立ち上がり、アレグロの回復などデバイス部門の回復予想に変更は無く、自動車向けデバイスに関しては、点火系、充電系などの小型、高性能化、内燃エンジンの低燃費化やハイブリッド、電気自動車への新製品群展開などにより、世界の自動車生産台数の伸び以上に売上高が増加すると指摘している。

サンケン電気の株価は9時47分現在322円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)