基本的には手控え感強いが・・・

基本的には手控え感強いが・・・
金融市場は全般的に市場参加者が少なくなっている。

本日はクリスマス直前ということもあり、様子見ムードの色はいよいよ濃くなりそうだ。

ただ、それだけに、ある程度まとまった規模の売買が入ると値が大きく動きやすい。

そうした勢いで12月19日の高値84.61円を突破すれば一段高となることもあり得るため、要注意だ。

なお、米国の財政の崖問題については協議が停滞している様子だ。

本日中に前進、または後退を知らせる報道があれば、材料になってこよう。