<前場の注目銘柄>=サカイオーベ、炭素繊維の育成に注力

 サカイオーベックス<3408.T>の株価は11月14日に101円まで調整した後に110円台での揉み合いが継続していたが、出来高を交え動意づく動きとなってきた。PBR0・9倍の時価は低位株全般が物色されるなかで値頃感から妙味が高まる。

 精練染色加工大手で、炭素繊維の育成にも取り組んでいる。今3月期は第2四半期で連結営業利益は8億2900万円(前年同期比20.4%増)を計上しており通期予想の13億円(前期比5.9%減)は下期の動向次第では増額期待が高まろう。染色加工は自動車関連資材や医療介護資材用が増加、炭素繊維も航空・宇宙分野など用途拡大を期待したい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)