外為サマリー:円、1ドル84円30銭前後へ下落、日銀の物価目標導入に期待

 21日の東京外国為替市場の円相場は、午前10時時点で1ドル=84円34~35銭近辺と前日午後5時時点に比べ42銭の円安・ドル高。対ユーロでは1ユーロ=111円50~54銭と同61銭の円安・ユーロ高で推移。
 日銀白川総裁は21日記者会見で来年1月に物価上昇率の目標を導入する方針を示したことを受け、ニューヨーク市場では84円台前半への円安・ドル高が進行した。前日はポジション調整の円買い・ドル売りが膨らみ一時83円80銭台への円高に振れたが、その後、日銀の金融緩和期待が強まり再度円売りの勢いが強まった。米7~9月期GDP確報値が3.1%と市場予想の2.8%を上回ったことも円安・ドル高の要因となった。
 ユーロ・ドル相場は、1ユーロ=1.3218~19ドルと前日午後5時時点に比べ0.0004ドルのユーロ高・ドル安となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)