大陽日酸が高寄り後緩む、ロシア・ガスプロムからヘリウムガス調達

 大陽日酸<4091.T>が高寄り後緩んでいる。21日付日本経済新聞が「ロシア国営ガス企業ガスプロムから、半導体などの生産工程に使われるヘリウムガスを調達する」と報じたことが材料視され、朝方は買いが先行したが、きょうで4日続伸となり500円台に乗せたことによる達成感もあって、利益確定売りに押されている。ガスプロムは米マチソンから技術供与を受け2018年にもヘリウムガスの生産を開始する計画で、中国など新興国の需要増で不足するヘリウムガスの調達を確保するととともに、米国に偏っている調達先を広げるという。

大陽日酸の株価は10時23分現在499円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)