テルモが続落、中国カテーテル開発ベンチャーへ出資も材料出尽くし感

 テルモ<4543.T>が続落。きょう9時に「腎除神経カテーテルで中国アンジオケア社と提携合意した」と発表したが、21日付の日本経済新聞朝刊が「高血圧を治療するカテーテルを開発する中国ベンチャーに出資する」と報じるなど、事前に発表内容は伝わっており、材料出尽くし感から売りが先行した。今回の提携は腎除神経カテーテルの現地生産体制を早期確立、市場に投入することが目的で、2020年までに500億円以上への拡大が見込める現地マーケットで、20%のシェア獲得を目指すとしている。

テルモの株価は11時15分現在3405円(▼30円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)