ヒラノテクが年初来高値 電池向けコーターの実績評価、通期は増額期待も

 ヒラノテクシード<6245.OS>が急反発、年初来高値を更新した。引き続き二次電池や燃料電池向けの電極用塗工機やスマートフォンなどタッチパネル向け塗工機を手掛けていることが人気の要因となっており、リチウムイオン電極コーターでは、世界最多、世界最高速の実績が評価されている。今3月期は第2四半期で連結営業利益で前年同期比31.3%増の7億1200万円を計上しており、進捗状況から通期予想である11億2000万円(前期比19.9%減)は上ブレ期待も高まい。

ヒラノテクシードの株価は11時30分現在821円(△51円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)