レーサムが大幅続伸、新興市場の不動産関連にも買いが入る

 レーサム<8890.OS>が大幅続伸し6日ぶりに年初来高値を更新。日銀の金融政策決定会合で追加金融緩和策が発表されたほか、自民党の安倍晋三総裁が求める「物価上昇率の目標」を導入する見通しとなったことを受けて、資金調達コストの低下や不動産価格の上昇期待から不動産株が買われているが、同社も新興市場の不動産関連株として注目度が高いことから資金が流入。東証1部上場の大型株に比べて値動きが軽いことからも短期の値幅取り狙いの買いが入っているようだ。

レーサムの株価は12時37分現在4万1150円(△2150円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)