スズキが底堅い、11月の4輪車生産販売台数は小幅減にとどまる

 スズキ<7269.T>がしっかり、一時前日比74円高の2197円まで買われ、連日で年初来高値を更新した。きょう発表した11月の4輪車生産、販売実績は世界生産台数が前年同月比2.5%減の24万5734台と2カ月ぶりに前年同月を下回ったが、小幅減少にとどまったことで安心感が広がった。筆頭株主の独フォルクスワーゲンとの資本提携解消に伴う保有株の放出に備え、発行済み株式数の約2割にあたる1億1221万株を上限とする自社株買いを実施していることもあって、自動車株のなかでも底堅さが目立つ。

スズキの株価は14時24分現在2128円(△5円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)