郵船など海運株が軒並み安、円安一服、バルチック指数低迷で

 日本郵船<9101.T>など海運株が軒並み値を下げている。為替市場で目先は円高修正の動きが一服していることで、円安メリット期待が剥落しているほか、海運市況の低迷も改めて嫌気されているようだ。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数が、前日時点で16日続落しており、9月18日以来の低水準に落ち込んだことから売りを誘発している。

郵船の株価は14時46分現在186円(▼3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)