瑞光が通期業績予想を上方修正、最終48%増益に

 大証2部に上場する瑞光<6279.OS>は12年3~11月期連結決算の発表と、それに合わせて13年2月期通期の業績予想の修正を発表した。同社は紙おむつなど衛生用品の製造装置を手掛けている。新興国での紙おむつ需要の拡大で東南アジア中心に製造装置が大きく伸びている。
 12年3~11月期は売上高が前年同期比51%増の152億7200万円、営業利益は同2.2倍の20億500万円、最終利益は同2.1倍の12億8800万円だった。また、通期見通しについては、売上高を前期比36%増の221億円、営業利益を同56%増の27億5000万円、最終利益を同48%増の18億3100万円に修正している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)