12月21日(金)AM6時時点■[前営業日の金融市場の終値]と[為替相場の現在の相場観や今日の戦略等] by 羊飼い

■前営業日の金融市場の終値[NYクローズ時点]
・NYダウ→13311.72 +59.75
・ナス→3050.39 +6.03
・英FT100→5958.34 -3.25
・独DAX→7672.10 +3.60
・CME.N225→10190.00 +30.00
・金→1645.90 -21.80
・原油→90.13 +0.15

・ドル/円→84.4→
・ユーロ/ドル→1.324→
・ポンド/ドル→1.628↑
・ドル/スイス→0.912→

・ユーロ/円→111.7→
・ポンド/円→137.3↑
・スイス/円→92.5→

・カナダ/円→85.4→
・豪ドル/円→88.4→
・NZドル/円→70.3→

・ユーロ/ポンド→0.813→
・ユーロ/スイス→1.207→
・ポンド/スイス→1.484→

・豪ドル/ドル→1.048→
・豪ドル/NZドル→1.257→

・ユーロ/豪ドル→1.263→
・豪ドル/スイス→0.956→
↓↑→は前営業日と比べての方向
■前営業日の傾向[ユーロドル及びドル円が主体]
ドル円は、日銀・追加金融緩和後に下値を試したが、戻して揉み合い
・日銀の追加金融緩和実施での材料出尽くしで、軟調に
・軟調になったとは、ジリジリ下値を試すも、徐々に戻して再度84円台
・米国の経済指標が良い結果で、円売り・ドル買い
・米国の株式市場が上昇し、リスク選好の流れ
・リスク選好の円売り・ドル買いで前日終値同レベルまで戻した後は揉み合い

ユーロドルは、一時1.33台のせを試すも、戻されて揉み合い
・欧州債務問題への懸念が後退し、ユーロ買い
・米国の経済指標が良い結果で、リスク選好の流れ
・米国の株式市場が上昇し、リスク選好の流れ
・リスク選好の流れは、ユーロ買い・ドル売りヨリ
・しかし、1.33台を試した後は戻されて急落して元の水準へ
・その後は、揉み合いが主体に
■□■本日のトレード用のエサ■□■(※毎日更新)
・18時30分:英)第3四半期GDP【確報値】
・18時30分:英)第3四半期経常収支
・18時30分:英)公共部門ネット負債
→発表での影響はまずまず

・22時30分:加)GDP
・22時30分:加)消費者物価指数&【コア】
→発表での影響は非常に大きい

・22時30分:米)耐久財受注&【除輸送用機器】
・22時30分:米)個人所得/個人支出/PCEデフレーター/PCEコア・デフレーター
・23時55分:米)ミシガン大消費者信頼感指数【確報値】
→2つの時間に3種類の経済指標。特にミシガンは発表直後の変動を狙いたい。後は週末&クリスマス絡みの休暇入りでの米株の方向性が為替に大きな影響を与えそうな雰囲気

■□■羊飼いの現在の相場観や今日の戦略等■□■
前営業日の為替相場は、
ドル円は下値を試した後戻す
ユーロドルは上値を試した後戻す
結局は前日終値と同レベルで揉み合いに

為替相場の方向性よりも
クリスマス絡みの連休入りとなる点が重要
ここまで大きく動いた調整が入る可能性も高い
ドル円は依然としてロングヨリながらも、
無理をせずに基本様子見に

∀今日のスイング用戦略
・ユーロドル→なし
・ドル円→ロングヨリ
・ユーロ円→なし
・豪ドル円→なし
・豪ドルドル→なし

∀今日のデイ&スキャル用戦略(※毎日更新)
・ユーロドル→なし
・ドル円→クリスマス絡みの連休入りでの警戒で基本様子見も、ロングヨリは継続
・ユーロ円→なし
・豪ドル円→なし
・豪ドルドル→なし