三菱電が業績予想を下方修正、中国景気減速で産業メカトロ部門伸び悩む

 三菱電機<6503.T>がこの日の取引終了後、13年3月期通期の業績見通しを従来の3兆6400億円、営業利益2000億円、純利益1200億円から、売上高3兆5200億円(前期比3.3%減)、営業利益1500億円(同33.5%減)、純利益500億円(同55.4%減)に下方修正した。中国をはじめアジア市場での設備投資需要の景気減速や、中国での日系自動車メーカーなどの生産減少の影響などで産業メカトロニクス部門を中心に売り上げが減少することに加えて、電子システム事業で防衛省に対する過大請求に関して返納金を引き当て計上することが要因としている。

三菱電の株価(大引け)は744円(▼17円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)