日本オラクルが第2四半期決算を発表、純利益2割増

 日本オラクル<4716.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(6~11月)決算を発表。売上高743億1900万円(前年同期比11.6%増)、営業利益209億200万円(同15.0%増)、純利益128億7400万円(同19.9%増)と上期としては過去最高益を更新した。データベース管理ソフトやERPなどの業務アプリケーションを販売するソフトウェア事業が好調で業績を牽引した。
 なお、13年5月期通期予想は売上高1644億円(前期比15.0%増)、営業利益446億円(同10.3%増)、純利益275億円(同16.0%増)の従来予想を据え置いている。

日本オラクルの株価(大引け)は3575円(△70円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)