ジャパンパイルが今3月期業績予想上方修正と第三者割当増資の発行株数を発表

 ジャパンパイル<5288.T>は21日取引終了後に今13年3月期業績予想の上方修正と併せて第三者割当増資の発行株数を発表した。連結売上高を前回予想の490億円から505億円に増額、粗利拡大に伴い、営業利益11億5000万円を17億円、経常利益14億円を19億円、純利益11億円を16億円と大幅に引き上げた。コンクリートパイルの受注が当初想定以上に増加したことが要因。一方、第三者割当増資の発行株数は60万株で、発行済み株式総数の約2%にあたる。払込金額は1株308円41銭で、増資による調達資金額は約1億8500万円。