シキボウが続伸、ノロウイルス感染多発で対策繊維に関心

 シキボウ<3109.T>が続伸、上昇基調を強めている。宮崎県日南市南郷町の医療法人春光会東病院で、ノロウイルスとみられる集団感染が発生、14~22日に78~88歳の男性入院患者6人が死亡したことでノロウイルス対策繊維「ARGON(アルゴン)」を開発している同社が関連銘柄として再度関心が高まっている。その後、24日には奈良市の居酒屋で女性4人からノロウイルスが検出されるなど全国的に感染が例年以上に拡がっていることから、対策が急務となっており、同社株を含めて関連銘柄が今後も注目を集めそうだ。

シキボウの株価は9時46分現在112円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)